So-net無料ブログ作成

フォーレ・ヴァイオリンソナタ第1番♪ [CD♪]

久しぶりにフォーレのヴァイオリンソナタ第1番が聴きたくなりました。
今日はティボーのヴァイオリンで。
ピアノはコルトーです。

フランク、フォーレ&ドビュッシー : ヴァイオリン・ソナタ

フランク、フォーレ&ドビュッシー : ヴァイオリン・ソナタ

  • アーティスト: ティボー(ジャック), コルトー(アルフレッド), フランク, フォーレ, ドビュッシー
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2001/02/21
  • メディア: CD


フォーレのヴァイオリンソナタは1876年に完成した作品。
青年期のフォーレが書いたこの第1番イ長調は
颯爽とした魅力が素敵な曲です。

1875年から76年にかけてフォーレは名門ヴィアルドー家のマリアンヌと
恋愛中だったそう。
甘く美しい幸福感あふれるメロディーにはそういう想いが満ち溢れています。

第1楽章はアレグロ・モルト ソナタ形式
ピアノに誘われて甘美なメロディーが奏されます。
とても初々しい伸びやかさを感じる楽章です。

第2楽章はアンダンテ ニ短調の緩徐楽章はソナタ形式
少し曇った空気の中で切々と歌われるカンタービレ。
最後には暗雲が消えて光が差し込んでくるようです。

第3楽章はアレグロ・ヴィーヴォ スケルツォとトリオ部分からなっています。
ピッツィカートがその諧謔的な面白さを表現しているスケルツォと
ちょと切なく歌うトリオ部分からなるテンポのよい楽しい楽章。

第4楽章はアレグロ・クワジ・プレスト ロンド形式
ロンドのテーマも満ち足りた幸せを感じさせます。
調性の変化がフォーレらしいですね。

幸せ感いっぱいの第1番は聴いていても心を満たしてくれます。
フォーレの中でも大好きな作品のひとつ。

こういうカンタービレを歌わせたらティボーってすごいですね。
私はやっぱり魅了されてしまいます。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 3

mimi

甘く、幸福感に満ちたメローディ。
とってもステキですね(☆^-^☆)。
そんな音楽が漂っているだけで、なんともいえない
幸福な気持ちで満たされていきます。
音楽の力は魔法のようですね。

昨日、小沢征爾さんの「ボクの音楽武者修行」を読み終えました。
とっても楽しかったです。
色んな指揮者とのエピソードも書かれていました。
さらに音楽に興味を惹かれたきっかけとなりました。
by mimi (2008-01-22 10:24) 

fujika-piano

☆mimiさん♪

この曲は音楽の幸せを感じさせてくれます。
熟したというよりは初々しさが感じられて
さわやかな甘さなんですよね。
イメージとしては一途な初恋に近い感じかも。
聴くたびに大切な心を思い出させてくれるような・・・
そんな大好きな曲です(^^)

小澤さんの本を読み終えたのですね。
興味深いエピソードが多い人ですよね。
これからもお元気でご活躍してほしいと思います。
by fujika-piano (2008-01-22 23:28) 

harrison

初めまして。

私の今日のブログで、この素敵なブログを紹介させていただきました。
事後の連絡となって申し訳ありませんでした。


循環器疾患と2型糖尿病 その2(2/2)
http://blog.m3.com/reed/20110726/_2_
by harrison (2011-07-26 19:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。